見る・遊ぶ 暮らす・働く

門前仲町でファミリーバンド「てんしバンド」ライブ 結成6年目、J-POPサンバ曲など演奏

てんしバンドのライブの様子

てんしバンドのライブの様子

  •  

 門前仲町の「Saotome-Ke」(江東区牡丹3、TEL 03-5657-4540)で4月8日、音楽ライブ「★桜の季節のてんし★てんしバンドLIVE」が開催された。

12歳のバンマスanjuさん

 てんしバンドは、田熊杏樹(anju)さん、斎藤真幸(にちーにょ)さん、田熊友美子(こゆみこ)さんを中心に結成したファミリーバンド。オリジナルのJ-POPサンバ曲を演奏する。2012年8月にヤマハの「ファミリーアンサンブル」に応募したことがきっかけ。

[広告]

 結成当時Anjuさんは4歳だったが大きな存在感を放ち、現在メンバー全員の精神的支柱としてバンドマスターを務める。2013年には「江東バンドフェスティバル」で江東区文化コミュニティー財団賞を受賞した。

 今回のライブは、anjuさんのピアノ発表会の帰りに食事のため同店に寄ったとき、店主と音楽の話で盛り上がったことがきっかけ。当日は25人の観客が来場し、満席でにぎわいを見せた。

 こゆみこさんは「毎年最低でも春秋の2回はライブを行うようにしている。バンド活動も6年目に入り、これまで都内のいろいろな場所でライブを行っているが、最近は、江東区の深川エリアを活動の中心に据えている。音楽活動では常に新鮮なワクワク感を大切にしたいので、ライブ会場に限らず、新しい企画や表現方法にチャレンジしたい」と意欲を見せる。