暮らす・働く

清澄白河のレンタルスペースに写真室 地元ガイドと写真家が開く

清澄白河写真室の林田真季さん(左)と調大輔さん(右)

清澄白河写真室の林田真季さん(左)と調大輔さん(右)

  •  

 清澄白河のレンタルスペース「リトルトーキョー」(江東区三好1)3階に1月26日、清澄白河ガイドの調(しらべ)大輔さん、写真家の林田真季さんが手掛ける「清澄白河写真室」がプレオープンした。

清澄白河写真室撮影風景

 清澄白河写真室は、いわゆるポートレートを撮影する写真スタジオ。ワンドリンク制で、「喉を潤しつつ、くつろいだ雰囲気で写真を撮ってもらえるような空間を目指している」(調さん)という。「家族や大切な人たちとのとりとめも無い情景を写真に残しつつ、その後は、この街を散策して、写真室がすてきな休日のきっかけになれば」とも。

[広告]

 不定期でイベントも開催。3月30日に清澄白河かわいで出張写真室を、4月6日に同所で室内写真室を企画している。

 料金は、ベーシックプラン(撮影15分)=2万円+ドリンク代、大人のポートレート(1人)=1万2,500円(ドリンク代込み)、大人のポートレート(1ポーズのみ)=5,000円+ドリンク代ほか(ドリンク代は1人500円)。