食べる 買う

清澄白河に佐渡島産食材の保存食専門店 イートインスペース新設も

店内風景

店内風景

  •  

 清澄白河に保存食専門店「HOZON」(江東区三好2、TEL 03-6873-3526)がオープンして2カ月半がたった。

「HOZON」社長の武田俊さん

 主に新潟県佐渡島で作られた野菜や果物を、ジャムやシロップ、ピクルスなどの保存食に加工して販売する同店。「佐渡保存」のブランド名を冠し、主力商品として広める活動をしている。

[広告]

 きっかけは、社長の武田俊さんの実家が佐渡島であったことから。すでに家族も東京で暮らしているが、佐渡島が生まれ育った場所であり、今もよく訪れることから特に愛着があるという。そこから佐渡島のために何かできないかとの思いが募り、出店に至った。

 店舗コンセプトは「上質丁寧に、ちょっぴりポップ」。秋前には同店2階にイートインスペースを作る予定もあるという。

 営業時間は11時~19時。月~水曜定休。