暮らす・働く

清澄白河でシェアオフィス 深川に新しい活動の場が誕生

「NAGAYA清澄白河」外観

「NAGAYA清澄白河」外観

  •  

 清澄白河に10月1日、シェアオフィス「NAGAYA清澄白河(江東区三好2)」がオープンする。

 事業母体は、深川を拠点に活動する10社以上の事業主で設立した「カツギテ」(同)。運営は、青山や川崎、大阪市内でシェアオフィス事業を手掛ける「ゲートウェイ」(港区)。

[広告]

 同施設は、昔ながらの長屋の暮らしになぞらえ、井戸端会議のようなコミュニケーションが生まれる空間創出を図る。入居者の充実した業務環境の確保をはじめ、最終的には、地域のさまざまな世代や、多種多様な職種の人が集まり、互いのスキルやネットワークを活用しながら、多くのことをみんなで実現する環境を目指す。

 9月1日・2日は、グランドオープンに先立ち施設見学会とオープニングレセプションを行う。

 オープニングレセプション開催日時は9月2日17時~。入場料は大人=1,000円(20歳未満無料)。