見る・遊ぶ 暮らす・働く

深川エリアで「東京マラソン」応援メッセージボート作製 ハイタッチで大会盛り上げる

ボード作製風景

ボード作製風景

  •  

 江東区森下をはじめ深川エリアの各店で現在、「フカキタ ハイタッチ プロジェクト」のワークショップが行われている。

作成したボードが完成

 2月25日に行われる「東京マラソン2018」を、深川の沿道で応援する同イベント。マラソン当日までに数回行われるワークショップで、ダンボールなどでメッセージボードを作製し、それを掲げて、ランナーにハイタッチをしてもらうことでランナーを応援しつつ大会を盛り上げることを目的としている。

[広告]

 ワークショップは学校、商店、地域企業などで開かれ、参加者はそれぞれ円すい形のボードにイラストなどを書き込んで手作りする。作成目標は1000枚。

 同プロジェクトリーダーのイワタマサヨシさんは「ランナーを応援するとともに、沿道を埋め尽くす個性豊かなボードが地域の人たちを一つにするきっかけになれば」と話す。

 「まだまだたくさんの人に関わってもらいたい」と、ワークショップの参加者を募集している。日時・開催場所はホームページで知らせる。