天気予報

23

20

みん経トピックス

小津安二郎のワイシャツ展示清澄白河で染め物・刷り物展

清澄白河で若手切り絵作家が個展 温かい家族に支えられ

清澄白河で若手切り絵作家が個展 温かい家族に支えられ

展示作品の一部。4部作「ぼくのへや」

写真を拡大 地図を拡大

 清澄白河の「cafe GINGER.TOKYO(カフェ ジンジャー ドット トーキョー)」(江東区平野1、TEL 070-2199-9119)で1月5日から、切り絵作家でイラストレーターのLittle MOMOさんの個展「Exhibition」が開催される。

作品を前にLittle MOMOさんら

 Little MOMOさんは保育士を志望する19歳で、本名は和氣百花さん。色鉛筆によるイラストと切り絵を組み合わせた手法で家族の情景などを描き、ほのぼのとした作風が特徴。展示の設営も家族総出で行うなど、協力的な家族に支えられながら絵本作家も視野に入れた作画活動を続けている。

 今回は約20点の作品展示のほか、ポストカードや缶バッジなどのグッズ販売も行う。コーディネーターで叔母の廣田真樹さんは「幼い頃から絵を描くことを楽しんでいて、その作品を身内しか見ることができないのはもったいないと思い、今回の展示を企画した。この温かい絵の雰囲気を味わってほしい」と話す。

 開催時間は11時~17時(水曜~金曜は21時まで)。入場無料(カフェオーダーが必要)。今月25日まで。

グローバルフォトニュース