天気予報

14

6

みん経トピックス

清澄庭園で親子座禅体験小津安二郎のワイシャツ展示

第五大島小学校で天文学の出張教室 講師は国立天文台長

第五大島小学校で天文学の出張教室 講師は国立天文台長

子どもたちに丁寧に宇宙や星について話す国立天文台長の林正彦さん

写真を拡大 地図を拡大

 第五大島小学校(江東区大島5)で12月20日、国立天文台の出張授業「ふれあい天文学」が行われた。

「全国の子どもたちと天文学者が出会う機会があれば、さまざまな化学反応が起こるのでは」という発想から始まった同施設の活動。2010年より実施されている。今回は同校4年~6年の児童64人と保護者20人が参加した。

講師の林正彦さんは、現在の同施設の台長で同区在住。すばる望遠鏡の建設にも携わった経歴を持つ。

 内容は、1部は子どもたちに向けて、地球から宇宙まで自由に移動できる映像をプロジェクターで映し出し、宇宙の成り立ちについて講演が行われた。映像が地球から飛び出し、多くの惑星や星が現れると、子どもたちからは「すごい」「きれい」という声が上がった。

 2部では、「宇宙に生命が存在するのか」などの内容を、科学的なアプローチで証明しようとする研究の成果について講演が行われた。どちらかと言えば保護者向けの内容だったにもかかわらず、多くの児童も耳を傾けていた。

 最後の質問コーナーでは、児童から「ブラックホールはなぜ、ものを吸い込むのか」という質問が上がり、林さんは「ブラックホールは周りのものに比べて質量があるだけ。吸い込まれるには相当な速さでブラックホールに向かう必要があり、吸い込まれそうになっただけでニュースになるほど」と、分かりやすく答えた。

 参加した女児は「自分で宇宙について調べたことはなかったので、これから勉強に生かしたい」と話していた。授業を終えた林さんは「多くの子どもたちが宇宙に興味を持ち楽しんで聞いてくれた。何事も『疑問』を持つことが重要。まずは星空を見上げて『何でだろう』と思うことが大切」と話した。

グローバルフォトニュース