見る・遊ぶ 暮らす・働く

豊洲西小のプール・トレーニング室を一般開放 「地域に開かれた学校」を目指し23区初

豊洲西小学校のプール

豊洲西小学校のプール

  •  
  •  

 今春開校した豊洲西小学校(江東区豊洲5)の温水プール・トレーニング室が一般に開放されている。

 学校の施設で、「体育館」「プール」「トレーニング室」を一体として解放するのは23区初。地域との連携を高め、豊洲周辺のスポーツ環境の改善を図るために、スポーツセンターと同等の設備で体育館棟を整備、学校で利用していない時間帯に地域に開放することにしたという。利用資格は同区に在住・在勤・在学する人で登録が必要。

[広告]

 6コースある25メートルプールは、可動床で水深は最大で1.4メートル。通年水温は約30度に保たれている。障害者用スロープも設置されており、車いすでも利用できる。

 トレーニング室は床面積196平方メートル。ランニング、リカンベントバイク、アークトレーナーなど有酸素系マシン10台をそろえる。筋力系マシンは9台あり、チェスト・プレス、フライ・リアデルトなど。介護予防系マシンも3台あり、ニューステップとジョーバ2台ある。利用に当たっては「初回利用説明会」の受講が必要。教室なども予定する。

 5月14日の初開放から6月30日までプールは 3,383人、トレーニング室は3,313人の利用があった。昼夜共に地域住民が中心で、昼間はシニア層、夜間は会社帰りのサラリーマンが多くに利用している。教育委員会は「健康・体力づくりのため、是非、利用してもらいたい」と話す。

 6月~11月の開館時間は、火曜~金曜=14時~21時、土曜~月曜・祝日=9時~21時。利用料は1回400円~。

  • はてなブックマークに追加